2011年12月24日土曜日

押入れ戸の取り付け工事。


手カンナをかけていきます。材木屋さんで買えば大きな機械でカンナがけをしてくれるのですが、余った材料を使っているので力のいる作業が必要になるんですよ!

初登場の面取りカンナ!この間、紹介したトリマーの手動タイプです。昔の人の技術はほんと省エネですよね。ますます早くなっていく時代の流れに対して逆らっているように見える道具の一つですが、いつかこの道具たちの時代が来ると思って修行に励んでいます。なんちゃって。

続いては押入れの棚を受ける溝掘り作業。これで棚はかなりの重さを支えることが可能になるんです。

こんな具合に。日本の大工さんは寸法を使うのですが、これはお5分の深さ。差し金(直角の定規)の幅が5分に作られています。ちなみに5分は1.5㎝程度です。つづく

2011年12月20日火曜日

本棚の完成!

塗装の開始!今回はアメリカ流のペンキ塗りを披露してもらいました。

なんとも器用に塗っています。

どうすればきれいに、そして体にペンキをつけずに塗ることができるのか、熱く語りながら作業は続きます。

その秘訣を聞きたい方のために。本棚が立っている状態ではまず下から塗っていきます。一番手の届きにくい奥からスタートするのですが、正面だけは塗らずに2段に進みます。正面を塗ってしまうとペンキが体についてしまって、あちこちが汚れる原因になりやすいからです。

美しく塗り上げられた本棚。やはり光が当たると一段と輝きが増しますね。

コンクリートのでっぱりに合わせてデザインしているので、この通りにすっぽり入りました。

本棚に入れてもらえるのを今か今かと待っていた本たちが幸せそうに並べられています。あとは気に入ってくれて読んでくれる人を待つのみ。本棚のストーリーはこれで終了です。

2011年12月14日水曜日

アメリカと日本の文化が混ざった本棚の作成!

ここから何気ない箱が美しく仕上げられていきます。

今回はアメリカから助っ人が来てくれています。なかなかの腕前でしたよ!

日本と違ってアメリカでは家具の正面はデザインを楽しむためにいろんな工夫がされています。

釘とボンドを使ってがっちりと強度を高めていきます。日本では釘を隠すことが多いのですが、それを見せてもいいのがアメリカ文化。これもいい!

ボンドを塗るのも慣れたものです。

本棚の後ろになる部分。なるべく軽くて丈夫に作るために彼がひと工夫しているところ。勉強になりました。

完成!これはささぐ建築の新しいスタイルになること、間違いなし。ペンキで仕上げてもいいし、ステインで仕上げてもいいし!楽しくなりますね。

身長182センチ近くある助っ人さんが乗っても大丈夫!すごいでしょ!でももっとすごいのが日本人は自分が作ったものの上に乗らないけど、そこに乗ってしまうアメリカ人の持つ大胆さと楽しさ。この文化はささぐ建築にも必要な気がします。遊び心といいますか。。。見習うところがいっぱいあります。

2011年12月3日土曜日

コーヒーテーブルの完成!

雑誌などを置く棚の作成です。あらかじめ掘り込んでおいた溝に杉板を落としていきます。

まぁ、こんな感じで作業は無事に終了!

最近、気に入って使っているWood Waxを塗る作業に入ります。

助っ人がたまたま来てくれたので、あっという間に終わりました。これから何度か重ね塗りをして、もうすこし色を濃くしていきたいと思ってます。