2012年10月12日金曜日

コンクリート打設が終わりました!

誰よりも早くやってきたコンクリート圧送の方々。今日の天気は少し曇りとコンクリートを打つには最高な日でした。これが太陽ぎらぎらの日だと職人鳴かせになると聞いています。

ワイヤーメッシュ。これを一緒に埋めるからコンクリートは強くなるんです。ここは将来、トラックが入ってくる場所なので。そして圧送の方々がコンクリートを流すポンプをつなげているところ。

となりの屋根と比べても分かるくらいの大きさでしょ?

このプロペラがついている機械はなんだか分かりますか?これはこてマシーン。人に変わってコンクリートの表面をきれいに仕上げてくれるもの。これを持ってくる職人さんを見るとなんだかわくわくしてくるのは僕だけかなぁ。

はい、どんどんつながってまいりました。

コンクリートを運ぶミキサー車も到着。

始まりますよ~!興味津々の方々がどんどん集まってきてくれました。

まずは一番遠い奥から流していくのが基本だとか。

あまりの職人さんのすごさにぼうっと眺める僕。


見よう見まねでバイブレーターを使いましたが、やはりまったくの素人なので、もっと学ぶ必要があるし、久しぶりに学びたいって思いましたよ。


見てください、この職人さんの堂々とした仕事をぶりを!体の動かした方から、仕事の運び方まですべてがかっこいい!参ったね。こんな職人になりたいと頭も角刈りにしていた時期もあったけど、どうも自分とは別の世界であることがやっと分かりました。恥ずかしいことを言ってしまった。。。



仕事は着々と進みますよ~!えっ、なに、そこで突っ立ってんだって?僕の右手をようく見てください。細い棒を持っているでしょ?この先がフックになっていて、足で踏みつけているワイヤーメッシュを引っ張り上げる仕事をしていたんです。

ほれぼれしちゃうね、ほんと。なに、この鏡のような仕上がりは。

さぁ、これはな~に?ヒントはコンクリート圧送のトラックの一部です。

なになにアイススケートがしたいって?確か南風原で出来るよ。

一番距離があった犬走り付近。犬走りって知ってますかか?建物の外周を人が2人ほど歩ける幅でコンクリートが打ってあるでしょ。それが犬走りです。



最後の最後まで丁寧に丁寧に仕上げていく職人さん。忍者グッズのようなものを履いているのが見えますか?実は鉄でできていて、コンクリートの上を沈むことなく歩ける代物です。

トイレのスリッパ?これは仕上げの最終段階に入った証だそうです。コンクリートの表面がかなりすっきりしてきたのが分かるでしょうか?

いやぁ、これはほんとにスリッパだったんです。しかもこの職人さんの手作り。これは最終仕上げ段階でコンクリートの上に傷をつけずに歩くための道具です。

見てください、この手の動かし方。かっこいい!


この体制は“腰を切る”という風な言い方をする場合がありますが、昔の職人さんはしゃがんで仕事をしないのです。しゃがむとまるっきり力が入らないからです。これが慣れるまでほんとにきついんですが、すべての動きに力が加わって、見ていても気持ちがいいんですよ。さぁ、あとはコンクリートが固まるのを待って、木工事に入って行きます。お楽しみに!

0 件のコメント:

コメントを投稿