2012年10月25日木曜日

読谷の工事を再開しました!

きれいに固まったコンクリート。それを流し込んだ枠を外して、その周りに土を入れて行きます。土間という言葉はコンクリートを敷く時に使われますが、本来は土の間があったんですよね。ここも本物の土間になります。

さぁて、どれだけ土が入るか楽しみです。この土は運動場用の土だそうで、上からたたくことで、かなり締まるとか。10トントラックいっぱい分の量が準備されました。

この間も登場した軽トラックのダンプ。建物の中まで入れることが出来たので、助かりましたが、なにせかなりの量の土なので、腕の筋肉が悲鳴を上げていましたよ。

それにしてもこんなに近くまで行けるなんて、すばらしいの一言ですよね。

今回、使ったユンボはミニユンボ。かわいいのなんの。しかし小さければ小さいほど、振動がすごいんです。昔は扱いにくいと思っていましたが、小さいほうが楽なのが分かってきました。

どんどん運ばれてくる土。これを後でユンボとスコップで平らにして行きます。

すごいね。山もり!

今日は天気がよくて、気持ちがよかった!ゆっくり深呼吸、深呼吸。毎日の生活の中で、ちょっと力を抜いてまわりを見てみると面白い発見がたくさんがあるんですよね。子供はそれを見つけるのがうまいとか。究極に頭がリラックスしているんでしょうね。

今日はなんとか全部をカバーすることが出来ました。あとは内を上からたたいて、平らにしていく作業。それが終わったら、木工事に入って行きます。

0 件のコメント:

コメントを投稿