2012年10月31日水曜日

床張り開始!

杉の足場板は厚さも幅もばっちり。はだしで歩くと気持ちがいいんですよね。杉の柔らかさがいい。
この床材は一本一本、釘を手打ちしていくのですが、ステンレスのスクリュー釘は癖があって、少しコツが入ります。

このあたりで腰と足ががくがくになってきました。参った。。。

このまま床張りを終わるまで出来るかなと思っていたら、最後の難関である角の柱を取りはずすのを先にする必要がありました。

2階の床の角が宙に浮いている状態。ここまで来るのにかなり大変でした。ここから4寸角のでっかい柱を新しい床の上に立てて行きます。

ほら、こんな感じで浮いています。下からみるかなりの迫力でしたよ。

まずは補強する必要があったので、4寸角を横にして梁として使います。これも上にあげるのに、結構、知恵と力を使いました。またまたチェーンで吊っているのが見えますか?今回、このチェーンの大ファンになりました。

残念ながら柱を立てているときに写真を撮っている余裕がなくて、立て終わった写真しかありませんが、この赤い道具は柱の垂直を量るものです。私の名前は下げふりと申します。黄色の糸が見えますか?柱の面からこの糸までの距離が5センチなのですが、これが同じように柱の下でも確保できれば柱は垂直に立っているということになります。

どうみても、上の幅より狭いでしょ?こういう場合は柱をたたきながら、調整していきます。しかし今日は強烈に足腰が痛いです。

0 件のコメント:

コメントを投稿