2012年11月17日土曜日

吊り戸の取り付け&最後の解体工事!

柱を補強するための筋違いの加工。

こんな感じで、がっちりと梁と柱を支えます。

反対側の柱にも。

続いてはこの間、流したモルタルに埋めた一本の材木を抜きます。

思ったよりもすいすい抜けました。
このように吊り戸がこの溝を通るのです。手作りレール!今回、初めて挑戦してみたのですが、これからも使って行きたい方法です。いやぁ、いい出会いでした。

最終的な戸の調整をして。

吊って行きます。

2枚目。これ結構、コツがいりましたが、慣れれば実にすごいシステムですよ。

ビフォア!しっかりした部屋になっていましたが。。

壁を解体するとなんと後ろの工房が姿を現しました。壁を外してみるまでは、どんなにイメージしても分からないものですね。百聞は一見にしかず?でよかったかな。。。

壁の反対側には大切な焼き物が置かれていたので、壁を一気に切り離し、こちらに倒した後で解体しました。お蔭さまで工事も99%終わり、あとは12月に行われる大きなイベントに向けて準備が進められていくようですよ。お楽しみに!

0 件のコメント:

コメントを投稿