2012年12月7日金曜日

年末プロジェクトが無事に終わりました。

長い廊下に仕切り壁をつけることでプライベートな空間が出来ました!

献建築の定番になってきたトリマーを使って木材にデザインを入れています。少し手間をかけてあげるだけで、仕上がりが抜群に変わってくるので、驚きですよね。


親子でペンキ塗り。子供はお父さんの背中を見て育つんですね、ほんと。息子さんの丁寧さと忍耐はこの背中から学んだんだなと思いました。




表の壁のペンキ塗りが進んでいる間に反対側の工事に入りました。

そしてペンキ塗りが完了!
写真ではなかなか伝わりにくいのが残念ですが、ドアを閉めるとまるで癒しの空間が広がっていくような雰囲気があります。
さぁて、続いては入り口付近にある開口部に引き戸をつけてほしいと頼まれたので、その加工に入ります。まずは引き戸が走るレール(敷居と鴨居)を作っていきます。

鴨居も出来ました。

材木を削り、穴をあけ、切る作業でたくさんの切りくずが。。。薪ストーブがあるこれをすべて燃料に変えることが出来るのに。。。なんていつも考えてしまいます。

しまった。。。引き戸を作る工程を撮るのを忘れてしまった。まぁ、このブログでも以前、紹介したことがあるので、詳しくはそちらでご覧くださいね。しかし戸が付くだけで、見た目もその場の雰囲気も一変しますね。こういうチャンスが与えられる僕はほんとに幸せものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿