2013年1月30日水曜日

床工事&ドア施錠の取り付け

献建築では定番の杉の5分板!

床材として仕えるように加工していきます。

床を張るための道具を忘れてしまったために、それが届けられるのを待っている間に施錠の取り付け。

カギ付きが欲しいとの要望があったので、一番お手頃なものを探してきまいした。

加工され、並べられた床材。後は道具が来るのを待つのみ。

トリマーという機械!これは溝を均等に掘るためにかなり必要な電動道具です。


こんな感じにね。細かい部分は鑿を使ってきれいにしていきます。

こんな感じで差し込んで。。。

ジャスト・フィット!

そしてたらこんどはこの鍵の丸い部分を両側から差し込んで組みあがると出来上がり。

床も晴れました。あっ、張れました。気分は爽快!

後日、こんな面白い写真を送っていただきました。親子三人で仲良く床の塗装をしているのですが、逃げ道がどんどんなくなってきているような。。。。

見てください!彼らの塗装の技術は抜群ですね。いい床になりました。

0 件のコメント:

コメントを投稿