2013年5月21日火曜日

見習い君と折り戸の作成!

まず始めに大工さんが必ず持っている丸鋸用の定規の作成からです。この定規があると楽に長い材料も加工できるんですよ。見習い君にとっても丸鋸の基本的な使い方を学ぶいい時間だったはず。

それが終わったら、今度はクロゼットの折り戸の制作に入ります。これは戸の骨組みです。昨日、材木屋さんで加工してきて助かったぁ。

先ほど、お見せした骨組みの上に加工したベニヤを貼付けているところです。タッカーの使い方も落ち着いていて、見ていて安心だ。 
見て下さい、この姿勢を。これからもっと成長していくはずですが、しっかりと左手と右ひざで材料を押さえているではありませんか!伸びるね、彼は。ここに情熱があり、愛がある。えっ!ここまで感じ取れるのは僕だけでしょうか(笑)

今日のお弁当!ハニーのおすすめの一品と僕の大好きなスコールで最後は締めくくりました。いいお昼でした。

沖縄の夏はまだまだこれからですが、それでも湿度高く、日中、晴れると暑いですよね。そんな時は塩分とビタミンCの補給が必要ですよね。

このような戸を2つ組み合わせて、折り戸が出来上がっていきます。戸の全長はなんと2.5メートル!迫力がありますよね。完成をお楽しみに!

0 件のコメント:

コメントを投稿