2013年8月31日土曜日

オフィス用の棚を制作の巻!

やはりどんな仕事も材料計算と段取りから始まりますが、ここしっかりやっておくと、仕事の7割くらいは決まりますね。。。なんてカッコいいことを言いたかったのですが、結構、ずっこけ大工さんかもです。

材料が届けられました。今回は、ぜひ無垢の板を使いたいという事でしたので、杉の集成材を使っています。杉の香りが鼻を通り抜けて行く時の清涼感と言ったら、言葉では言い表すのが難しいですが、とてもリラックス効果があると思います。 
今回は慌ただしくて、一つ一つの行程をお見せすることは出来ないのですが、これは棚の両サイドを加工しているところです。板に溝が入っているのは、そこに高さ調整用の金物を取り付けるためです。

こんな感じで溝を掘らない場合もあるんですよ。


どんどん金具が取り付けられて行きます。ちなみにこの金具は棚柱と呼ばれています。

これがどの部分か分かりますか?これは棚の下の部分です。ものが大きいのと、ちょっとした工夫を入れているために最初にこのように中の部分を組み上げてから、両サイドに取り付けて行きます。

こんな感じです。今度は上の棚の部分を組み上げて行きます。

この不思議なブラケットは上の棚をサポートするために入れてあります。次の写真で様子が分かると思いますが、上の棚はほとんど両側を除いては浮いている状態です。この隙間にキーボードを入れたいというリクエストがあったので、強度を保ちつつ空間を開けるための工夫です。

はい!これが全体像です!これから棚が何枚か入り、サンドペーパーで表面を整え、保護用にワックスで仕上げたら完成です。これは一人では持てないぞぉ〜!

0 件のコメント:

コメントを投稿