2014年8月5日火曜日

レストランのテーブル製作


材料は杉の足場板を使うことになり、計算してみると56個のテーブルを作るために約40枚必要であることが分かりました!この数日間、体調を崩していて、納期も迫っていることもありSOSを出したところ、なんと3人の助っ人さんたちが駆けつけてくださいました!

早速、朝から材木屋さんで足場板の加工に入りましたが、作業が僕の予想をはるかに上回り、みるみるうちに足場板の四面にカンナがかかっていくのを見て正直びっくり!

長さが4メートルもあるので、これを一人でするのは気の長くなる作業なのです。こうやって一枚一枚丁寧に機械を通して行きます。

これは手押しカンナと言って、木材を90度に削る機械です。ここがうまく行かないと木材と木材をぴったりと合わせるのが難しくなるので、とても大切な工程です。

カンナがけされた木材を適当な長さに切っているところ。

ちょっと見えにくいですが、200枚以上も切るので、ストッパーを作って何回も長さを測らないで済むようにしています。

これで全部!こんなにたくさんの足場板を一度に扱うのは初めてでございます。


つづいて板と板をつなぎ合わせていく準備です。墨出し作業中。

墨出しが終わった板に加工していきます。台風も近づいていますが、納期も近づいております。引き続き作業内容をアップしていきますので、お楽しみに!

0 件のコメント:

コメントを投稿