2015年6月21日日曜日

読谷キッチン工事

今回、与えられたミッションは琉球松を使ってキッチンカウンターと棚を作ることでした。しかし琉球松がこんなに堅いとは知らずかなり手こずりまいた。。。。はい。。。

しかしここの工房で仕事をさせてもらう中で一番刺激になるのが、想像力が豊かなオーナーさんの視点。自然の木の形をそのまま表現することを学びました。

少し分かりずらいですが、棚の反対は板が自然の美しい曲がりを見せてくれています。

その曲りを僕なりに結合させた最初の棚。この棚の重いこと、重いこと。後ろにOSBと言う合板で全重量を支えています。

これがOSBの合板を受けるための溝ほり。見習い君も初めてトリマー作業でそうとう握力を使ったようでした。

これがキッチンカウンター。幅が足りないので、このように溝を掘って雇いざねという木の棒を入れて繋いでいきます。
カウンター下の戸の作製中。

これがキッチンカウンター。上には取り外しが出来るステンレス板が置いてあります。さすがナイス・デザインです、親方。

先ほど、お見せした棚の一部にほこりが入らないように扉がほしい!と要請を受けて作りました。

ここは炊飯器が置かれる棚。見習いくんが作りました。

最後に親方とお弟子さんと!そして完成した工房のキッチン!今回、一番嬉しかったことは見習い君がこれまで練習してきたことをすべて実践でフルに生かすことができたこと。しかも初めてきたころと比べてすっかり自信がつき、頼れる存在になっていたこと。いい時間に感謝!

0 件のコメント:

コメントを投稿