2016年9月20日火曜日

富山プチ修行part2



これを墨付けと言って、木と木がしっかりと組み合わされるために描かれています。さらにすごいのが日本全国のどこにおいても大工さんがこの墨を見れば、この材料をどのように加工すればいいかわかる事です。


加工するとこのようになります。この複雑な形になった場所にもう一方の材料がはめ込まれ、2つの材木は一本になります。


これは角ノミ機と言って、ホゾ穴を開ける機械です。腰が痛い時にこの機械の重さがこたえます。。。


そうそう、こんな感じで材木の上から穴を開けて行くと。。。。


こんな感じの穴が開きます。これをノミで少し調整すれば完成です。


これは鎌継ぎと言います。これが。。。


ここにはまり、2本の材料を繋ぎます。


そして一番の大物!30センチ角の丸太でございます。これが重いのなんのって!残念ながらゆっくり写真を撮っている暇がなくて、これおしまいですが、今回の親方との時間を通して人は自然と向き合う事で本来与えられている生きる力が引き出されるという事を体験させられました。沖縄でもこのような機会を作って行きたいです。引き続き応援をよろしくお願いします!







2016年9月11日日曜日

@ 富山へ修行の旅!


12年前に、小学校の先生のために作らせてもらった生徒たちのタオルかけ。


これは釘やビスを一切使わないで作ってあります。いちおう、ここでドヤ顔になっているわたくし。


これはホゾと言って、交わる相手の木に貫通させてクサビでしっかりと固定されています。
しかし何よりも嬉しかったのは、この先生が今の今まで大切に持っていてくださったこと。そのおかげで、12年前の自分を違った視点で見つめ直す事が出来ました。感謝!